軽井沢バードウォッチング

軽井沢バードウォッチング
野鳥観察で自然のすばらしさが見えてくる!

期間:5月15日(金)~17日(日) 2泊3日

軽井沢が位置する浅間山麓は日本有数の探鳥地です。特にこの時期は毎回50種類以上の野鳥が観察できます。新緑の軽井沢で野鳥と自然の素晴らしさを堪能し、創造主なる神様を賛美しましょう。初心者の方も丁寧に指導しますので安心してご参加ください。

例年のセミナーでは3日間で、50~60種類の野鳥を観察しています。
森林では、キビタキ、クロツグミ、サンショウクイなど。
渓流沿いでは、オオルリ、ミソサザイなど。
草原では、ノビタキ、ホオアカ、コヨシキリなど。
夜のセッションでは基本に立ち返り、「野鳥の見分け方」について説明などもあります。
初心者の方も歓迎!!神さまの創造の素晴らしさを感じる事ができるバードウォッチングにぜひご参加ください!

講師

鈴木昭登 日本野鳥の会会員。
静岡県に生まれる。17歳でクリスチャンになる。日本同盟基督教団三島めぐみチャーチ会員。バードウォッチング歴40年、毎年初夏の軽井沢に通い30年。家族は妻と一男一女。日本野鳥の会会員。

参加費
26,000円
定員
30名(定員になりしだい締め切らせていただきます。)
集合解散
開始 5月15日(金) 15:00
解散 17日(日) 13:00
持ち物
必須 防水性の靴、上着(朝は7℃ぐらいです)
聖書、筆記用具、洗面具、タオル、寝巻、着替え

推薦図書
日本野鳥の会『新 山野の鳥』『新 水辺の鳥』
双眼鏡を買うなら…
6~8倍で口径50mmくらいのもの(8×50)
メーカー:ニコン、ミノルタ
お勧めは3万くらいのものですが、安いものは数千円から。
望遠鏡を買うなら…
20倍くらいで口径70~90mm
メーカー:ニコン、COWA(コーワ)
4万くらい。
三脚が必要です。1万円前後ですがカーボンファイバーのものが軽いです。